読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ゴールデンウィークのお出かけ

 

「5月1日予定ありますか?なかったら一緒にドライブどうですか」

「4月30日と5月2日は仕事ですが、5月1日はあいているので是非行きます!」

「いつもの淡路島だと思うけど」

「淡路島?最高」

 

というメールのやりとりで決まった妹家族とのドライブ。

実家の母も便乗してのお出かけとなりました。

 

連休中の交通渋滞を考慮して朝7時半すぎに西宮を出発。

8時に母をピックアップして一路淡路島へ。

車の流れも順調で、あっという間に明石海峡大橋を越えて、

なんとそのまま一気に大鳴門橋を渡って四国入り。

高松市にある「四国村」に行ってみることになりました。

 

聞いたことのなかった「四国村」ですが、

四国各地から移築された30棟もの文化財指定民家が

山麓の斜面に当時のままの姿で復元され、

林や花壇の合間を散策できる博物館的な施設です。

 

10時頃に到着したときには連休中でも混みあっておらず、

きっちりと整備された順路に従って約2時間、

5月の節句の飾りがあちこちに施された村の中を

心地よく散策することができました。

 

f:id:minimochism:20160503074032j:plain

 

ひと通り回って駐車場に戻り、

せっかくなのですぐ隣にあった屋島神社にも参拝。

急な階段をのぼって軽く汗ばんだところで、

お昼はもちろんうどんです。

四国のうどんはどこでもおいしいはずでしょ、と

車を走らせて見つかった適当なうどん屋さんで、

全員満足のお昼ごはんを食べました。

 

ここから午後の部、一気に北淡路へ戻り明石海峡公園へ。

わずか数時間で四国、淡路を巡るなんて、

自家用車を持たない母と私は「バスツアーみたいだね」。

昼食後の眠気も手伝って、車内では皆が午後のお昼寝をしているうちに、

あっという間に到着です。

 

家族連れで賑わう園内を散策しながら、

隣接する淡路夢舞台の百段苑に行ってみました。

階段上に並んだ100の花壇が有名ですが

今年は気温が高すぎるのか、

あるいは春から夏の合間だからか、

花壇の植物は盛りではなかったけれど、

高台から望む海の眺望はとても開放的。

その後、ゆっくり2時間ほど散策を楽しんで、

やや疲れが出始めたとこでちょうど頃良い時間となりました。

 

f:id:minimochism:20160503074138j:plain

 

途中、渋滞で車の流れが遅くなったところもありましたが、

思ったより順調に戻ることができ、家に着いたのは6時過ぎ。

移動が長かったから、体にはまだ車に乗っているような揺れが残っています。

絶好の行楽日和の中、丸一日たっぷり遊ばせていただいて、

本当にリフレッシュになりました。

楽しい家族の時間をどうもありがとう!!