読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

花火

 

いつしか梅雨も明け、

すっかり本格的な夏になりました。

 

茹だるような暑さも、

朝から賑やかな蝉の声も、

日本ならではの風物詩ですが、

花火もまたそのひとつです。

 

昨夜、妹と一緒に「芦屋花火大会」の

花火を見ました。

 

私たちが小さかった頃から続く芦屋の花火大会。

かつて深江に住んでいた時には、

ベランダから見たこともあったように記憶しています。

今では大会の規模も大きくなり、

サマーカーニバルとして昼間から

屋台やパフォーマンスなどのイベントが行われ、

近辺では恒例の花火大会として有名のようです。

 

明らかに混雑が予想される会場は避け、

西宮浜から遠めに眺めることにして

夕涼みの散歩がてらに出かけてみました。

 

日が落ちた砂浜には、

同じようにして花火を待つ人たちがちらほら。

夜風も気持ち良く直座りも気になりません。

海の方へ目をやっているとすぐに打ち上げが始まりました。

 

f:id:minimochism:20160724075037j:plain

 

実のところ、こんなふうに打ち上げ花火を見たのは

およそ15年ぶり。

カナダにいる間にも何度かは見ましたが、

全く技術が違います。

間近で見ると降りかかるような圧倒的な迫力だろうけれど、

音や煙や人混みの喧騒の方をつい考えてしまう私には

これだけ見られたら十分です。

 

f:id:minimochism:20160724075415j:plain

 

花火を見ながら、おしゃべりにも花が咲き、

心地よい夏の夜になりました。