読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

トロント

 

実は今、3泊5日の強行スケジュールで、

トロントに出張にきています。

 

移動に丸1日は要するので、

到着した日は夕食を食べて就寝のみ、

翌朝往復6時間かけてバスにて陸路で国境を越え、

ナイアガラの対岸バッファローへ。

朝9時にトロントを出てから戻ったのは夜9時。

さすがに長い1日でした。

 

そして今日はお昼から夕方まで6時間の会議です。

午前中は会議の準備、会議の後は夕食会があるので、

今日も自由時間はなし、翌日はもう出発です。

 

せっかくトロントにいるのに、

ましてやバスでカナダの故郷セント・キャサリンズや

ナイアガラを通過するのに、友達に会う時間がないのが残念。

同行メンバーもいるため、勝手な行動ができないのは、

日本のサラリーマンな性なので仕方ありません。

 

せめて、近くから想いを送ります!と、

友達にはトロントにいることだけ伝えていました。

 

ロングフライトの後ホテルに到着し、

チェックインするためにフロントに向かったら、

なんとマルガリータがウェルカムフラワーを持って

待っていてくれたのです!

 

彼女はトロントで働いているので仕事帰りだと言いますが、

それでも長い時間待っていたはず。

なのに、私はその後予定があって彼女と

お茶をする時間もありません。

恐縮する私に、「それは分かっていたし、ただ一目会いたかったから」と、

すぐに帰って行きました。

温かすぎです…。

 

そんなウェルカムでトロントでの初日を終え、

翌日バッファロー日帰り出張で長い1日を過ごして

やっと部屋に戻ると、なんとベッドの上にまたギフトが!

マルガリータとレスターから、

「やっと1人になったから真夜中のスナックを!」と

おしゃれなおつまみセットが入っていました。

彼女の心遣いともてなしには本当に感嘆します。

 

カナダにこんな素敵な友人がいる私は幸せですね。

慌ただしいスケジュールで疲れた心も癒されました。

いくら言って足りませんが、いつもいつもいつも本当にありがとう!!

 

f:id:minimochism:20170318190731j:image