読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Holidays in Canada 1

 

クリスマス 2016

24日。
午前中は、パート仲間のスー宅へ。
ゆっくり話す時間がなかったのが残念だけれど、
大きなハグと元気そうな姿を見られただけで充分です。
 
その後、パート先のワイナリーへ立ち寄って、
ワインのテイスティング
カウンターバーで一口ずつ色々と試飲させてもらいました。
やっぱりここのワインは美味しい。
 
さて、ワイナリーを出た後は、
地元の和食レストランのスシピザをテイクアウトして
お泊まりさせてもらっているシルヴィ宅で早めの夕食を済ませ、
7時過ぎにワイナリー仲間のポール宅のOpen Houseへ。
 
美味しいワインとチーズで初対面の人とも話が進み、
そろそろ失礼しようかと思った10時を過ぎた頃に
ターキーやハムやピエロギが美しく供され、
結局11時過ぎまで飲み食いが止まらず。
 
久しぶりに食べ過ぎ飲み過ぎましたが、
居心地の良い場所に温かく迎え入れてもらい、
本当に素敵な1日でした。
 
25日。
11時にお義母さんを訪問。
好物のビーフシチューを用意して迎えてくれました。
家の中にクリスマスの飾りつけが一切ないのはやっぱり寂しく思うけれど、
お義母さんと愛猫のスクイーキーが変わらずにいることを確認できて安心。
日本からのお土産と私の母と妹からのクリスマスプレゼントも嬉しそうで、
クリスマスに訪ねてよかったと心からしみじみ。
 
ビーフシチューの最後の仕上げをキッチンで手伝ったり、
ワインを飲みながら時間をかけて食事をしていると、
食事が終わった頃にはもう3時
シルヴィが予定とおりに迎えに来てくれたので
片付けもできないまま失礼しました。
 

f:id:minimochism:20170103101856j:plain

 
夜はシルヴィと一緒にワイナリー仲間のルイ宅でターキーディナーを。
ルイの家族や他のワイナリー仲間もお呼ばれして総勢20人ほどのディナー。
バッフェ形式でキッチンに列を作って各自でお皿に盛り付け、
美味しいワインと共に豪勢な食事をいただきました。
 
昨日に引き続き食べ過ぎ飲み過ぎ。
でも、ホリデーですから。
家族や親しい友達と一緒に過ごすクリスマスの時間を
共有させてもらった事に心から感謝です。
 

f:id:minimochism:20170103102040j:plain