読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

誕生日の朝に

 

今朝はアルが夢に出てきました。

きっと誕生日を祝いに来てくれたのでしょう。

 

いつもと同じ朝ごはんの後、

妹からお祝いメールが届きました。

プレゼントを渡したいから午前中時間ありますか、と。

11時に駅前で待ち合わせをすると、妹と姪っ子が。

久しぶりに姪っ子に会えたこともすでにギフトです。

 

というわけで、駅前で3人でお茶を飲みました。

午後から用事があるからと20分程度だったけれど、

わざわざ時間を割いてくれたことに感謝です。

 

二人と別れてから、冷えたワインとチーズを買って帰りました。

誕生日の午後のひととき用に、自分へのプレゼントです。

昨日実家に行ったときに少しずついただいて帰った夕食の残りをおつまみに。

 

大げさで特別なことは何もなくても、

誕生日を覚えていてくれる家族がいることがとても有り難い。

そんな家族に少しでも安心を恩返しできる一年になりますように。

 

f:id:minimochism:20160904132539j:plain