読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

サンタルチア

 

先週末、久しぶりに妹とランチに出かけました。

 

お互いに午後に用事があったので、

近場で思いついた香櫨園駅前のフレンチレストランに

11時半現地集合となりました。

 

ところが、この日は予約で貸し切り。

周りにお店がたくさんある地域ではないのですが、

幸運にもごく近くにイタリアンレストランがありました。

 

入ってみると、これが意外なコンセプトのお店です。

体によさそうな野菜や調味料に、

ヨーロッパの雑貨などを少しずつ販売しています。

奥へ続くレストランにはグランドピアノが鎮座していて、

後方は緑に囲まれたテラス風の空間になっています。

よく見てみると予約席と思われるテーブルには、

仮面舞踏会のマスクが置かれています。

 

f:id:minimochism:20160613193812j:plain

 

テーブルの感覚が広めに取られているのでゆったりとしていて、

開店と同時に入った客層も落ち着いた年齢層が中心です。

ベテランのように見受けられる風格ある男性ウエイターと、

初々しさの残る若い女性ウエイターがふたりで接客をしていて、

オープンキッチンの中では、焦らずのんびりとしたペースで

料理を作っている姿が見えます。

 

小さな冷たいトマトのスープに続いて、

おしゃれな器に盛られたサラダ、

メインのパスタ(妹はリゾットを注文)が

ゆったりペースで順に運ばれてきたところで、

軽やかなピアノの生演奏が始まりました。

演奏者は初々しい女性ウエイターです。

 

突然の演出に驚きましたが、

間近でピアノを聞きながらのランチも乙なもの。

「なかなかいいね~」なんて言っていたら突然男性の太い歌声が!

 

スルマーレ ルッチカ ラストロ ダルジェント

プタリーダエロンダ プロスペロエイト レント~

 

聞き覚えのある曲、小さいころに音楽の授業で習った

イタリア民謡の「サンタルチア」です。

しかも歌っているのは、あの風格ある男性ウエイター。

おそらく声楽の勉強をされていたのでしょう、声量たっぷりです。

 

サンタァ ルーゥチィアー

サンタァ~~ルチィア~

 

なんでも、こうした生演奏がランチタイムに2回あるそうです。

生演奏があるお店は珍しくはないけれど、まさかウエイター自らが出演とは!

サンタルチアに続いて、もう1曲有名なイタリアンポップスを歌ってくれました。

ウエイターがふたりとも演奏しているから、

コースの最後のコーヒーは曲が終わってから。

それもまた愛嬌ですね。

 

温かみのあるお店で面白いランチになりました。

11時半から1時半まで、まさに妹と私が予定していた時間を

このお店のランチコースでぴったりと使うことができたのもパーフェクト。

そして週が明けた今も頭の中では「サンタルチア」が回っています。