夙川の鯉のぼり

 

春のはじめには満開の桜で賑わう夙川ですが、

実は風薫る頃にも風情ある景色が広がります。

阪急夙川駅から阪神香櫨園駅の南側河口付近まで、

約250もの鯉のぼりが泳ぐのです。

 

もともとは阪神大震災の後、

静岡から鯉のぼりが贈られたことが始まりだということですが、

私が初めて夙川にたなびく鮮やかな鯉のぼりを見たのは

4年前にアルと一緒に帰国したとき。

西宮に住む妹と、犬の散歩がてら香櫨園駅で待ち合わせをし、

みんなで一緒に妹宅へ歩いたその道でした。

 

せっかく近くに住むようになったのだから、

端午の節句の爽やかな朝、

じっくり散策に出かけてみることにしました。

 

緑深い松並木につづく色彩に富んだ鯉は、

朝日を受けて眩しく心地よさげ。

人も少ない川沿いを歩く私も気持ちがよく、

鯉のぼりが途切れた後もずんずん上流まで足を延ばしました。

 

f:id:minimochism:20160507081920j:plain

 

夙川上流は緑に囲まれ、

北側の北山公園から緑化植物園、甲山へと続く緩やかな山道は、

人気のあるハイキングコースです。

 

目の前に広がる緑に引き寄せられるように歩いていると、

ハイキングコースの入口となる銀水橋までたどり着きました。

予想外だったけれど、意外にハイキングまでできるかも、と

ひとりで勢いよく山道に入りました。

f:id:minimochism:20160507082115j:plain

 

途中までは順調でしたが、さすがにあまりに軽装備。

喉は乾くし、日よけもなし。

そもそも底がつるつるのスニーカーでは滑ります。

手にはカメラのみ、お財布だってありません。

 

無理はせず今日はここまで。

鯉のぼりの記憶が新しいうちに、引き返すことに決めました。

今度はしっかりおにぎり持参で出かけることにして。

 

 

 

 

広告を非表示にする