読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

カラス問題

 

引越してきてから気がついたのが地域のカラス問題です。

都市でのカラス公害については理解していたつもりでしたが、

まさかここまでひどいとはショックでした。

 

夏は朝4時過ぎくらいから、

5匹くらいのカラスが目の前の電柱や屋根の上で

仲間同士呼び合って騒がしく、憎々しいカラスの声。

 

頭のよい彼らは、ゴミの収集日も把握しており、

集積場ではネットの隙間からゴミ袋がつつかれ散乱し、

カラスは超低空飛行で目の前を飛んでいきます。

 

渡り鳥ではないので期待はしていなかったけれど、

夏が過ぎても今でも彼らの勢いは変わらず。

ゴミの被害はひどすぎます。

 

市のホームページを見てみると、

今のところ市としては捕獲等のカラス対策をする予定はなく、

ゴミ出しの工夫を市民に呼び掛けています。

 

「生ごみが出ないように工夫をする」

「出す場合は、水をよく切り、新聞紙などでくるむ」

私は気をつけますが、同じゴミ集積所を使っている人達が

協力している様子は全くない場合は一体どうすれば?

 

そもそも、ご近所さんたちは基本的なゴミの分別さえ、

守っている様子はなく、

プラスチックや、燃えないゴミの日には集積所は空っぽ、

普通ゴミの日に毎回大きな黒いゴミ袋が出ています。

カラスもそうですが、市民の環境問題に対するモラルの低さも

なんとかしてほしいものです。

 

f:id:minimochism:20151101095627j:plain