読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

梅田でほのぼのランチ

 

最近は月に3度ほど妹とランチに出かけています。 

行き先は中間をとって阪神間の芦屋界隈が多いのですが、 

昨日は外を歩き回るのは寒いかも、ということで梅田で集合となりました。 

 

この数年間の梅田の変貌ぶりは目を見張ります。 

梅田ステーションシティ、グランフロント梅田、ルクア、 

知らないカタカナの名前がいっぱいで、落ち着かず、 

結局ふたりでやることと言えば、阪急・阪神両百貨店の食料品めぐり。 

 

それにしても、毎度変わらず驚くのが、 

これだけの量の新鮮な食料品が消費されるということと、 

日本人のラインナップ好き&イベント好き。 

 

バレンタイン目前のために甚だしい種類のチョコレートが販売されていますが、 

一体みなさん何を基準にしてチョコレートを買い求めるのでしょう。 

私にはさっぱり分かりません。 

 

さて、こんなふうに傍観したところでランチです。 

大阪三越伊勢丹の10階にある「元気になる農場レストランモクモク」。 

三重県の有名な農園が展開する野菜メインのビュッフェレストランだそうで、 

11時半ですでに満席。 

新鮮な野菜を使ったサラダやお惣菜、手作りソーセージやハム、 

様々な穀物が豊富に揃ったビュッフェ台は女性で溢れていました。 

どれもこれもおいしそう!

私たちもたっぷりいただきました。 

 

f:id:minimochism:20150210102219j:plain

 

食べ過ぎて歩くことがままならない私たち。 

とりあえず座り心地のよいソファで休憩するために 

グランフロント大阪へ移動。 

2階のエレベーター前に座れるところがあったので、 

そこに腰を下ろすことにして私はとりあえずトイレへ・・・。 

すると、大発見しました。 

こんな素敵な休憩スポットを!! 

 

f:id:minimochism:20150210102354j:plain

 

f:id:minimochism:20150210102434j:plain

 

f:id:minimochism:20150210102536j:plain

 

これ、実はトイレの中なんです。 

女性専用トイレ(レディースパウダールーム、だったかな?)の中に、 

こんな開放的なスペースと化粧直しのスペース、そしてトイレがあります。 

日本のトイレ文化はすごいですね。

 

というわけで、妹をここへ連れて来て、お腹が落ち着くまでリラックス。 

そのあと雑貨類を少し見て回って、パンとワインを買って家に戻りました。 

 

何しに梅田へ?と言われそうですが、私たちふたりは大満足。 

すでに次回のランチも楽しみです。 

 

ちなみに三越伊勢丹はわずか4年でまもなく看板を下ろし、 

ルクア1100(イーレ)というファッションビルに業態変更するそうです。 

こうしてまたカタカナの名前。しかも日本人好みの当て字! 

ますます梅田が分からない・・・。