読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

極み、紅葉ハイキング

 

f:id:minimochism:20141125163814j:plain

 

 

気温19度と温かく秋晴れとなった3連休の最終日、 

母と一緒にハイキングへ行きました。 

 

今回のコースは、JR元町駅から歩き始めて 

諏訪山公園~大師道~猩々池~再度公園~布袋谷~ 

市ケ原~貯水池~徳光院~新神戸~三宮 約10km。 

 

翌日のお天気が雨模様だというので、 

せっかくの紅葉が終わってしまうことも懸念して、 

やはり今日のうちに簡単な山歩きに行っていこうと 

母が選んでくれたコースです。 

 

おにぎりとお茶とおやつ少々の軽装備で 

9時前に家を出発しました。 

 

元町駅から北へ歩いて10分ほどで諏訪山公園へ。 

すでに喧騒から離れ自然豊かなハイキングコースに入ります。 

背の高い木々の紅葉はまさに見頃。 

赤、朱色、黄色、それに緑と、色彩豊かな林の中は 

光が差し込むと歓声をあげるほどに美しく、 

足元より頭上を見上げ、立ち止まっては写真を撮って、 

のんびり歩いていきました。 

 

「うわ~」「きれい~」「見て~」 

飽きずに何度この言葉を繰り返したことか。 

でも、ついそう言わずにはいられないほど、 

それは見事で可憐、絶景の連続だったのです。 

 

そろそろ休憩をしようと思っていた11時過ぎ、 

先を急ぐ大勢の人たちと入れ違うようになりました。 

この日は六甲全山縦走大会の実施日だったようです。 

でも、同じコースを歩くわけではないので大丈夫。 

私たちは再度公園にコースをそれ、 

修法ヶ原池を眺めながらおにぎりとお茶でちょっと一服。 

軽く休んで布袋谷を通る下りへと進みました。 

 

市ケ原で再び縦走参加者の方々と一緒になったものの、 

それもわずか一か所だけ。 

最後も布引の滝ではなく徳光院へと回るルートで、 

全体を通して人の出が少なく、 

ゆっくりと紅葉を愛でながら散策することができたのは 

本当にラッキーでした。 

 

母の予定通り1時半には騒がしい神戸の街へ戻り、 

三宮で少し寄り道をして帰宅したのが2時半頃。 

お金も時間もかけずここまで満足して遊べる故郷神戸は最高。 

これも、母のおかげです。 

お母さん、ありがとう! 

 

それから、言葉で美を表現するのは本当に難しい。 

絵を描くように言葉で描くことができれば、いつもそう思います。 

だから写真。 

 

 

f:id:minimochism:20141125163908j:plain

f:id:minimochism:20141125165023j:plain

f:id:minimochism:20141125164311j:plain

f:id:minimochism:20141125164525j:plain

f:id:minimochism:20141125164623j:plain