扇風機

梅雨らしく蒸し暑いので、
扇風機を出しました。

 

組み立て終わり、そよ風に当たっていると、
部品が一つ床の上に。

 

うーん、付けなくても動いているので、
まぁいいかしら?

 


f:id:minimochism:20170625162232j:image

昭和の思い出

 

なぜか今でもよく覚えている小さかった頃の思い出。
近所に「リリアン」という喫茶店がありました。


当時建ったばかりの茶色のマンションの1階にあり、
(5階か6階に名前だけ知っている同級生が住んでいた)
週末によく父が妹と私を連れて行ってくれました。

 

注文したのはいつもナポリタンスパゲティーで、
ケチャップの色とグリーンピース
たまに懐かしく頭に浮かびます。

 

その頃の思い出がもう一つ。
日曜日の朝(土曜日だったかもしれない)
父が近所の「アローム」というパン屋さんに
朝食用のパンを買いに行ってくれました。

 

父はカレーパン、母はあんパン、
妹がチョコレートパン、私はクリームパン。
いつも決まって食べるのがとても楽しみでした。

 

やはり食べ物にまつわる話は、
良いことも悪いことも記憶に残りやすいのかしら。
優しい父と昭和のよき思い出です。

 

今日は父の日。
お父さん、ありがとう!!

梅雨入り

 

 若葉が眩しかった5月も過ぎて、
アジサイが咲き始めたらやはり梅雨入り。

本格的な雨はまだですが、
空気が湿気を帯びているように感じます。

 

少しでも体を動かそうと、
先週から万歩計を使い始めました。

どうやら平日は5000歩ほど。
週末は少し歩いて9000歩。
思ったより10000歩は難しいですね。

 

がんばろう。

ゴールデンウィークのドライブ

 

子供の日の昨日、妹に誘ってもらい甥っ子を連れてドライブに行きました。

行先は当日になるまで決まらず、朝9時過ぎに西宮を出発、まずは徳島方面へ。

明石海峡大橋を渡り、淡路島も走り抜けて一気に鳴門市に入ったところで、

お手洗い休憩です。

 

10分後、再び走り出したころで「とりあえず“かずら橋”に行こうか」。

一度行ってみたいと思っていたので単純に喜びましたが、

そのときになって地図を広げて位置確認をすると

目的地は徳島の東の奥、ほぼ高知県の近くのようです。

 

思いのほか遠いけど大丈夫かと心配になったけれど、

「行って橋渡って戻ればいけるやろ」とのことで、

徳島自動車道と県道をひた走りました。

 

いよいよ緑豊かな祖谷渓に入るところで、時計を見ると12時半。

目的地まで一気に走るかどうか迷いましたが、

お昼どきなのでちょうど目の前に出てきた食事処で

先にお昼ごはんにすることにしました。

 

徳島名物だと書いてあった手打ち「祖谷そば」を注文。

太くて短いそばが出てきてびっくり。なるほどこれが祖谷そば、ね。

食べてみると、柔らかくてもちもちして何かに似ている気がします。

小さい頃に食べた小麦粉のお団子、すいとんみたい?

小麦粉の代わりにそば粉を使って、打って伸ばして短く切る、

というところでしょうか。

いかんせん、初めてなので、この短さが祖谷そばの共通の特徴なのか、

このお店のオリジナルなのか分かりませんが、

珍しいものを食べることができて満足でした。

 

f:id:minimochism:20170506101612j:plain

 

 

さて、1時頃に再びドライブ出発。

眩しく輝く深い緑の渓谷に入ると木々の間から垣間見える眼下に

エメラルドグリーンの川が流れ、本当に綺麗です。

ただ、くねくねとした山道は一車線しかなく、

対向車が来るとお互いにバックしたりしながら道を譲らねばならず、

運転者にはなかなかのストレスな道のりです。

くねくね、停止、バック、を繰り返して目的地までおよそ15キロ、

思った以上に時間がかかりました。

 

やっと「かずら橋」の駐車場が見えてきたと思ったら、

ここからは車の長蛇の列。

辛抱してやっと車を停めたのは2時半頃でした。

 

駐車場から橋までは徒歩5分ほど。

やっと外に出て雄大な渓谷と空と雲のコントラストに

清々しい気持ちになったのも束の間、

橋を渡るのを待つ長い列が出来ています。

誘導のおじさんが言うには「30分から2~3時間待ち」。

その待ち時間の幅の広さの真意も分からずとりあえず並びましたが、

帰りの渋滞のことを考えると、諦めた方がいいのかも。

 

3対1で待つ・諦めるで意見が分かれたものの、

今日渡らなかったもうチャンスがない、ということで

結局は少数派の意見が通り、並んで待つことになりました。

 

そうしてやっと順番が来て、皆で一列にゆっくり渡ります。

足元も手すりも揺れに揺れ、恐る恐るの甥っ子と勘弁してよの妹。

橋をは渡り切った先の「びわの滝」でマイナスイオンをささっとと浴びて、

急いで駐車場へ戻りました。

車外へ出て滞在時間約1時間30分ほど、実質動いたのは約15分?

陽を受けて輝く緑と爽やかな空気にもっと触れていたかったけれど、

もう急いで帰らなくては!

 

f:id:minimochism:20170506101734j:plain

 

ということで元来た道をひた走り、一気に鳴門大橋まで。

順調に淡路島に入ったと思った途端、

やれやれ洲本から明石海峡大橋まで30キロ渋滞です。

翌日土曜日が雨の予報だったので、

連休のハイライトとして絶好のお出かけ日和の子供の日のこの日、

家族でお出かけした人が多かったのでしょう。

そう分かっていても疲れます。

 

GPSで現在位置を確認するたび、

あまり動いていないことにがっかりを繰り返しながらも、

なんとか明石海峡大橋を渡り切ったときはすでに9時前。

西宮に戻ったのは9時半すぎでした。

 

完全な渋滞も含めこれぞまさにゴールデンウィークのお出かけ。

お天気にも恵まれ、滅多に訪れることができない場所へ連れ出してもらい、

楽しかったしとても有り難かったです。

元気をもらって連休明けもがんばれそうです。

ありがとう!

 

みどりの日

 

朝から清々しすぎる青空。

こんな日はつい、外出しなくては勿体ないような気分になります。

 

そこで朝の散歩にカメラを持って夙川へ。

確かこの時期はたくさんの鯉のぼりが夙川沿いに

架けられることを思い出したからです。

 

確か去年も今頃同じように夙川へ思いつきの散歩に出かけたような。

あのときあまりの軽装で出かけた自分を少し反省したことを思い出して、

今日はカメラのほかに、ポケットに小銭入れとハンカチを入れました。

 

香櫨園駅近くの鯉のぼり。

少し風が吹いてくると空を泳ぐ姿が水面に映り、

まるで川の中に大きな鯉が泳ぐように見えるところもありました。

 

f:id:minimochism:20170504135912j:plain

 

香櫨園駅から阪急夙川駅までの松は風情ある緑ですが、

夙川駅から苦楽園口駅をさらに北へ進むと川の両岸に広がる

河川敷緑地は生命力にあふれる濃緑です。

緑の勢いに圧倒されながら銀水橋まで。

北山公園へ続く山道に入ったところで見上げると、

今度は若々しさが眩しい爽やかな緑に囲まれました。

 

f:id:minimochism:20170504140018j:plain

 

そうか、今日は「みどりの日」。

2時間ほど緑に囲まれてすっかり気持ちも爽やかになりました。

自然の力はすごいですね。

よく晴れた週末に

 

いつもなら、洗濯・掃除・作り置きおかずづくり・図書館で

終わってしまう週末ですが、先週末はうれしい予定がありました。

 

土曜日は妹とランチへ。

妹の買い物に付き合って久しぶりに元町の大丸へ。

その後散歩も兼ねてハーバーランドまで足を延ばしました。

 

ハーバーランドもかなり久しぶり。

前に来たのはいつだったかな? 3年ぶりくらいかな?と話しながら、

ランチにはイタリアンレストランを選びました。

 

サラダとスープに続き美味しそうなパスタが運ばれてきたとき、

前回ハーバーランドに来たときも妹とこのお店で、

ふたりとも今回と同じメニューを頼んだことを確信。笑

行動がワンパターンですね。

 

ランチの後に外に出ると、冷たい風と急な雨。

山側がどんより黒い雲に覆われています。

あんなにいいお天気だったからシーツも洗って、

靴もベランダに干してきたのに・・・、とショックでしたが仕方ない。

ショッピングモールまでは濡れずに移動でき、

ひとめぐり買い物を済ませたら、折よく雨もあがっていました。

再び気持ちのよい晴れ間が広がったので、のんびり歩いて三宮まで。

日頃の運動不足の体にはよい運動にもなる楽しいひとときでした。

 

幸運だったのは、家の周辺は雨が降っていなかったこと!

ベランダのシーツも靴も無事でした。

なんだか幸せな一日だなぁと最後は家でワインを飲んで締めくくりました。

 

日曜日は友人とランチへ。

東京に住んでいる友人と梅田で待ち合わせ。

今年はゴールデンウィークに大阪に帰省するからと会いましょうと、

嬉しいお誘いをもらって久しぶりの再会となりました。

 

思い返せば、社会人になって初めて勤めた小さな会社で出会ったのが、

かれこれ18年前くらい?!

その後、私は転職、それから渡加。友人も東京へ行くことになり、

連絡もマメにしているわけではなかったけれど、気持ちは通じるものですね。

今もこうして会えることに感謝です。

 

3年ぶりくらいの再会で、仕事のことや生活のこと、老化のこと(!)、

ちょっとネガティブなことも笑ってたくさん話したので、なんだか元気になりました。

また普段話していない人と話すことで自分を客観視できたのもよかったです。

 

そんなまた幸せな一日の締めくくりにはやっぱり家でワインを一杯。

遠出をしたわけでも、特別なイベントがあったわけでもないけれど、

この土日においしく楽しい時間を過ごせたことは私にはとても有り難く思えます。

5月も元気にがんばろう! (4月はいつの間にか終わっていたので)

 

 

※ポートタワーの上に鯉のぼり発見!


f:id:minimochism:20170501180107j:image

 

ディープ大阪

 

カナダのワイナリーで一緒に働いていた日本人スタッフの一人が

日本へ一時帰国しているので、昨日大阪で会ってきました。

私が神戸、彼女が堺なので、昨年と一昨年は梅田で食事をしましたが、

今回は全く不慣れなディープな大阪、新世界へ・・・。

JR天王寺駅での待ち合わせは、先週のトロント出張より緊張しました。

 

そもそも今回新世界へ行くことになった理由は、

通天閣周辺に、カナダ人が経営する“堺の包丁”を扱う刃物店を訪ねるため。

以前雑誌か何かで読み興味を持っていたのですが、

たまたま彼女もドキュメンタリーで見たことがあったらしく、

だったら一緒に行ってみよう、ということになりました。

 

大阪南部の彼女の案内で、観光地化した新世界を歩き、

揚げ物が苦手な私に配慮して名物の串カツではなくお寿司屋でランチ。

昭和な雰囲気の中、おいしくカウンター寿司をいただきました。

 

さて、その後はお目当ての刃物店「Tower Knives Osaka」へ。

通天閣のほんのすぐ下に構えた心意気も興味深いですが、

美しい包丁が博物館のように展示された店内では

外国人観光客が刃物を買い求めています。

 

包丁研ぎをされていた職人さんと話をしたところ、

日本国内外の料理人や、外国人観光客が多いそうで、

先日は35万円もする包丁を気に入った外国人が、

「朝のサラダ用に」と即買いし、同行していた友人が、

「じゃあ私も同じものを」と躊躇なく購入していったそうです。

 

でも、職人が扱う刃物ははやり美しく、説得力があります。

珍しいものを見せてもらい、感動しました。

 

ディープな大阪でユニークな体験。

トロントよりも異国感が強いのは不思議です。

 

f:id:minimochism:20170326100910j:plain