カナダワイン試飲会

 


一ヶ月ほど前に職場の仲間が、
蔦屋梅田店でカナダワイン試飲会のイベントがあるみたいですよ、
と教えてくれたので、一人参加で申込んでいたイベントに出席するため、
昨日は仕事が終わってから大阪まで行って来ました。

 

19:00-19:40のイベントだから
18:00に仕事が終わって18:24発の電車に乗れば間に合うと、
仕事が終わってちょうど良いタイミングで駅に着いたら、
電車が約4分の遅れ。
たかだか4分なのにそれにより乗り換え予定の新快速への接続がなくなり、
普通電車で大阪までということになりました。

 

意外に停車駅が多く時間が気になり始めたらようやく尼崎駅到着。
着いたホーム向かい側に快速が止まっているのが見えたので、
そちらの方が少しでも早く着きそうだと思って、
思い立って飛び降りて向かいの電車に乗りました。

 

扉が閉まり走り始めた車内で次の停車駅がアナウンスされると
あまり聞き覚えない駅名?
扉の上にある路線図をみると東西線経由で大阪駅には
止まらないようです。

 

慌てて次の駅で降りて改札まで行き、
駅員さんに大阪駅まではどう行けばいいですかと尋ねと、
「今、尼崎から来られたんですか?」
どうやらよくある乗り間違いのようでしたが、
もう一度尼崎まで戻って大阪駅に行くのが一番早いという事で、
また来た道を一駅分戻り、尼崎駅のホームを駆け上がって
やっと大阪方面行きホームへ。
すでに19:00です。

 

一応ホームから遅れる事を電話連絡したところ、
「20:00からでもご参加いただけます」
??
でも、とりあえず19:10には大阪駅に着き、
一目散にルクアイーレ9階の蔦屋を目指します。

 

今や大阪も人混みに不慣れな田舎者の私、
1階でお洒落な物を売っている店員さんに、
蔦屋はこのビルですか、エレベーターはどこですか、と
聞いてようやく蔦屋にたどり着いたら19:15。
さて、この店内のどこでイベントが行なわれているのか?
仕方ないのでまた店員さんに聞くまでは良かったが、
完全に持ち場担当が別なのかイベント内容の確認から始まり、
業務連絡ノートを調べ始めてまさかのロスタイム。
でも最後はちゃんと試飲会の会場へ連れて行ってもらえました。

 

店内の小さなスペースに、机と椅子がコの字に並べられ、
7人の人が説明を聞きながらワインを試飲しています。
「遅れてすみません」
「今、説明が終わって試飲になったばかりです、どうぞ」
と、入れていただいたのが、HENRY of PELHAMのBaco Noir
私が住んでいたセント・キャサリンズにあるワイナリーが生産する
カナダでも世界でもまだ珍しい赤ワインで、
なんと私のお気に入りのワインです。

 

続いては、アイスワインによく用いられるVidal種を、
ナイアガラ地区の3つのワイナリーから
白ワイン、Late Hervest 、アイスワインで。
甘いものは一切苦手な私は飲めませんでしたが、
ワインのボトルと甘い香りが懐かしく嬉しかったです。

 

というわけで、前半は聞き逃してしまいましたが、
おそらくカナダワインの概要を話されていたのでしょう。
幸いその知識だけは人より持ち合わせているはずなので、
試飲から参加させていただきラッキーでした。

 

この日は20:00からウィスキー試飲会イベントが予定されていたようで、
ワイン試飲会が終わってすぐ入れ替え準備。
先ほど電話で「20:00からでもご参加いただけます」と
言われたのはこの事だったのですね。
都会はいろんなイベントがあるものです。

 

カナダだったら、参加者の距離の近いこんなイベントでは、
きっとお互いに挨拶してファーストネームを名乗り、
(覚えていられないが)
世間話でもしながら一体化するところですが、
主催側も含め、ちょっと距離がありよそよそしく終わった試飲会。
丁寧で洗練され、そこもまた都会っぽいですね。

 

ちなみに私はカナダワイン試飲が終わり19:50の電車で直行帰宅。
わずか30分の大阪でした。

 

 

 

 

夏の生け花

 

ユリの切り花をおすそ分けしてもらいました。

 

喜んで頂いたものの、
立派な花に見合うサイズの花瓶がなく、
処分予定のプラスティックのお茶ピッチャーに
生けました。

 

生けた翌日から一気に大きな花が咲き、
部屋中に豊潤な香りが充満しました。
力強く艶かしい花にやや息苦しいほど。
連日の暑さに花も種を残そうと必死なのかもしれません。

 

毎日水を交換して茎も切っていますが、
それだけでは日持ちしそうにないので調べてみたら
下葉を取って雄しべの花粉も取り除いてあげるのがよいみたい。

 

それは名案、花粉の飛び散りに困らずに済みます。
しかも白い花びらも美しく保てます。

今からではもう遅いかな?
気づくのが遅くてごめんなさい!

 

f:id:minimochism:20170715132014j:image

 

7月

 

神戸で今日、にいにいゼミの初鳴きが観測されたそうです。
西宮神社からも、今朝はカラスに混じって
蝉の声が聞こえてきました。

 

昼間には我が家は33度を観測しました。
なので、アルにはこの夏初ロング缶ビールを。

 

f:id:minimochism:20170708183823j:image

 

日本の夏本番です。

続・扇風機

 

前回のブログを読んでくれた母と知人から、
取り付け損ねた部品は羽根留め用では?と指摘され、
組み立て終わった扇風機を解体してみました。

 

でも、同じようなネジまわし式の白い部品で、
カゴも羽根もそれぞれしっかり留められていて、
黒い部品がぴたりとはまる所がありません。

 

1日1回は解体してまた元に戻すを繰り返して3日目、
ようやく解決しました!!

正解は、底と本体を留めるための裏部品。
あー、スッキリ!
これで、安全に使えます。

 

 

f:id:minimochism:20170629130505j:image

 

 

扇風機

梅雨らしく蒸し暑いので、
扇風機を出しました。

 

組み立て終わり、そよ風に当たっていると、
部品が一つ床の上に。

 

うーん、付けなくても動いているので、
まぁいいかしら?

 


f:id:minimochism:20170625162232j:image

昭和の思い出

 

なぜか今でもよく覚えている小さかった頃の思い出。
近所に「リリアン」という喫茶店がありました。


当時建ったばかりの茶色のマンションの1階にあり、
(5階か6階に名前だけ知っている同級生が住んでいた)
週末によく父が妹と私を連れて行ってくれました。

 

注文したのはいつもナポリタンスパゲティーで、
ケチャップの色とグリーンピース
たまに懐かしく頭に浮かびます。

 

その頃の思い出がもう一つ。
日曜日の朝(土曜日だったかもしれない)
父が近所の「アローム」というパン屋さんに
朝食用のパンを買いに行ってくれました。

 

父はカレーパン、母はあんパン、
妹がチョコレートパン、私はクリームパン。
いつも決まって食べるのがとても楽しみでした。

 

やはり食べ物にまつわる話は、
良いことも悪いことも記憶に残りやすいのかしら。
優しい父と昭和のよき思い出です。

 

今日は父の日。
お父さん、ありがとう!!

梅雨入り

 

 若葉が眩しかった5月も過ぎて、
アジサイが咲き始めたらやはり梅雨入り。

本格的な雨はまだですが、
空気が湿気を帯びているように感じます。

 

少しでも体を動かそうと、
先週から万歩計を使い始めました。

どうやら平日は5000歩ほど。
週末は少し歩いて9000歩。
思ったより10000歩は難しいですね。

 

がんばろう。