健康診断の記録 2020

 

 

8月末に受診した定期健診の結果を9月中旬に受け取りました。

検査結果が入った封筒が、なんだか厚みがあるなと思いながら開封すると、

「主治医様」と書かれた厳封の封筒が2通。

婦人科のマンモグラフィと、胃のバリウム検査の結果に異常がありD判定、

どちらも要精密検査ということでした。

 

皮膚科以外は医者にもかかっておらずすこぶる元気なのですが、

7ヶ月の間にカポジ水痘様発疹症3回、帯状疱疹1回に罹患したため、

皮膚科の先生から免疫力の著しい低下を指摘され、

自覚症状がない場合は癌が隠れていることもあるから余計に心配です、

とさえ言われていたことが気になり、

念のため指示とおりに検査を受けることにしました。

 

皮膚科以外はどこの病院に行けば良いのか分からなかったので、

インターネットで評判の良い乳腺科と内視鏡医をみつけ、

最短の10月2日(金)に乳腺科、10月4日(日)に内視鏡内科を受診しました。

 

まずは乳腺科。

定期健診の結果では、FADという左右非対称で左胸上部に異常ありということで、

再度マンモグラフィを撮り、その後先生が超音波で検査をしてくれた結果、

乳腺が重なって影になっているが特に問題はないということでした。

家族に乳がんの履歴があるため多少敏感になってい安心できました。

 

続いて内視鏡内科。

胃カメラは15年以上ぶりでしたが、大変清潔で最先端の設備を完備した病院で、

麻酔を利用して一切痛みもなく、本当にあっという間に検査が終わりました。

肘の内側から麻酔の注射をされたら一瞬で意識が遠のき、

気がついたら休憩室にベッドごと移動されていて目が覚め、

内視鏡検査より麻酔の不思議に感嘆しました。

 

定期検診のバリウム検査の結果では、胃穹窿部後壁にひだの集中が見られたということで、

潰瘍か潰瘍の跡ではないかとの疑いだったようですが、

内視鏡で確認したところ、バリウムで影が映っていた部分はとてもきれいだったそうです。

ただ、それ以外の場所に一点何か気になる所見が見られたので、

細胞をとって生体検査に出していただきました。

全体的に、胃の炎症が慢性化しており、逆流性食道炎症もあるので、

年に1度は内視鏡検査を受けるほうが良い、とアドバイスで、

生検の結果は1週間後に電話でお伝えします、とのことでした。

 

そして1週間後の日曜日、診察が終わった後の時間に先生から電話がかかってきました。

生検の結果は、特に問題ありませんでした、とのこと。

先に言われたように、逆流性食道炎もあるので、年に1度は内視鏡検査を受けてください、

また当院をよろしくお願いします、と締めくくられましたが、

今回本当に気持ちよく検査を受けることができたので、

次回も検査をしてもらうのが今から楽しみなくらいです。

 

15年以上全く病気になっておらず、元気が取り柄な身ですが、

はやり老化で少なからず問題は出ているということですね。

これからは元気を過信せず、健康に気をつけて過ごそうと思います。

 

日曜日のウォーキング

 

 

日曜日。

母と妹と甥っ子と一緒にウォーキングに行きました。

阪神香櫨園駅から夙川沿いを北に歩いて、

北山緑化植物園、北山貯水池を抜け、

阪神西宮までのいつものコースです。

途中でおにぎりのランチ休憩を挟んで、

4時間で21000歩。(携帯電話の歩数記録より)

 

f:id:minimochism:20201011155825j:image

 

ゴールデンウィーク以来、帯状疱疹やコロナ予防、

猛暑で家に籠りっぱなしだったため、

約5ヶ月ぶりのウォーキングはやや疲れが出ましたが、

家族で近況報告しながら、楽しく歩きました。

ちょうどここのところずっと元気がなくなってきていたので、

とても良い気分転換とパワーチャージになりました。

これから秋にかけてまたウォーキングを再開しようと思います。

 

f:id:minimochism:20201011155835j:image

 

最後に母とコーヒー休憩。

3人とも、楽しい日曜日をありがとう!

シネマ歌舞伎『怪談 牡丹燈籠』

 

久しぶりの歌舞伎です。

今年3月、京都南座に『オグリ』の上映を観にいく予定だったのに、

直前になってコロナの影響で公演は中止。

歌舞伎だけではなく演劇やコンンサートなど、

大きな劇場でのライブ活動は当面中止は仕方がないとしても、

映画館でさえもなんとなく自粛的な気持ちになり、

シネマ歌舞伎も2月の『阿弖流為アテルイ)』以来です。

 

『怪談 牡丹燈籠』

2007年10月に歌舞伎座で上演された舞台映像で、

当時18年ぶりに片岡仁左衛門さん、坂東玉三郎さんが夫婦役を演じ、

話題となった作品です。

 

落語家・三遊亭円朝の原作脚色したもので、

幽霊と人間の性のおどろおどろしさに、ユーモアと滑稽さ交え、

怪談講話を聞いているように分かりやすく話が展開します。

 

仁左衛門さんと玉三郎さんが、

前半は息のあった畳み掛けるような会話と芝居で笑いをとり、

後半は立ち居振る舞いの一つ一つで人生と人格の変化を体現し、

伴蔵・お峰という夫婦や人間の業を円熟した芸で描きます。

このおふたりのコンビはまさに芸術ですね。

 

今はなき坂東三津五郎さんも3役で登場しさらに見ごたえたっぷり。

原作者の三遊亭円朝役でテンポよく講話をしたと思えば、

田舎者のおとぼけ役でコミカルに笑わせる。

堅実な舞踊家で静のイメージの三津五郎さんの芸の広さに

改めて感服しました。

 

久しぶりにスクリーンでシネマ歌舞伎を観て、

やはりまた本興行も観に行きたいなぁと思いました。

今はまだ8月から公演を再開した歌舞伎座のみの興行ですが、

近いうちにまた大阪や京都でも公演が再開されることを楽しみにしています。

峰山高原

 

 

ずっと家にこもって過ごしている夏季休暇の6日目。

爽やかな涼をもとめて兵庫県神河町の峰山高原へ。

 

妹家族とのドライブですが、

県をまたいでの移動を控えるように言われているため、

行き先は県内です。(兵庫県は広いので良いですね!)

 

9時に西宮を出発して2時間足らずで

兵庫県のほぼ中央に当たる神河町まで。

途中雨が降ったり止んだりするなか、

峰山の勾配のきついくねくねとした道を上って

高原に近づいてきた頃、なんと車道に一匹の鹿が!

しばらくこちらに顔を向けてから、さっと山の中で隠れていきました。

そんなに自然豊かだとは思っていなかったので、びっくりです。

 

その後少し道に迷ったようで、くねくね道を戻って進路を修正し、

再びくねくね高原まであと少しというとき、またも鹿に会いました!

カナダに住んでいたときに何度か野生の鹿を見ていますが、

鹿はしなやかで美しいです。

 

12時ごろに峰山高原に到着。

雨が止み明るい曇り空ですが、空気が明らかに冷たく涼しい!

敷地内にあるリゾートホテル入り口の長蛇の列を横目に、

私たちは自然を求めて早速ハイキングコーズを探しました。

 

入手した分かりにくい散策マップを片手に、

ホテル敷地内にあるリラクシアの森を歩き始めます。

先ほどの雨のせいか足元がほんの少し柔らかいですが、

木々の影の下を黙々と歩くのは気持ち良い。

映画「ノルウェイの森」の撮影ロケに使われたということで、

”撮影場所まで○メートル”という標識が続きます。

撮影場所に出るまでこの標識に従って進み、

小道の突き当たりの小さな滝まで見てから引き返しました。

 

途中、別の方向に開けたハイキングコースがありましたが、

木々もない原っぱの道に雲が晴れ強い日が照りつけているのを見て、

これは無理だと判断してすぐに駐車場へ。

涼しい高原でも直射日光が当たると危険な暑さです。

無理はせず今日のところはこれで目的達成、西宮まで戻ることになりました。

 

あの道を進んでいればススキ野原の砥峰(とのみね)高原で、

ノルウェイの森」や、大河ドラマ平清盛軍師官兵衛」の撮影場所に

たどり着いたのかもしれません。

四方を山で囲まれた自然豊かな地域は、見所がたくさんありそうです。

車窓から、山々の圧倒的な緑に普段酷使している目を休め、

気持ちを休めながら心地よいドライブを楽しみました。

 

お盆中とは思えないほど道がすいていて、

途中お昼も取らずに2時間ほどであっという間に戻ってきました。

コンパクトなドライブで良い気分転換になりました。

ありがとう!

 

https://www.kamikawa-navi.jp/guide/spot/802

 

f:id:minimochism:20200814133854j:image

f:id:minimochism:20200814133859j:image

 

 

 

 

 

 

 

長かった梅雨が明けたと思ったら、

途端に蝉が喧しく暑さが厳しくなりました。

気がつけば8月です。

 

仕事から戻り部屋に入ると蒸し風呂状態。

帯状疱疹・カポジ・アトピーを繰り返す皮膚には

汗やストレスは大敵と判断し、

今年は早くから家でエアコンを利用しています。

狭い部屋なのであっという間に冷えるところは重宝です。

 

家の中で過ごす時間が増えているため、

室温も適切に管理しようと

簡素なデジタル温度計を購入しました。

 

大学が夏季休務日の今日、

朝8時の時点ですでに30度です。

その後、気温はぐんぐん上がり、

午後3時には33.8度になりました!

しまった!これは暑すぎると、慌てて冷房をつけ、

今は快適にこのブログを書いています。

 

今年の夏はどこにも出かけられそうにないので、

ずっとエアコンのお世話になりそうです。

冷房は得意ではないのですが、仕方ないですね。

 

f:id:minimochism:20200805161520j:image

 

 

週末に

 

帯状疱疹やらなんやらでお籠り生活を続けていますが、

昨日は久しぶりに両親を訪ねました。

 

数日前が父の誕生日だったので、

外食でも出前でも何かお祝いするべきところ、

お昼にお弁当を買って持参です。

 

全く特別感がなくても喜んでくれるので、有難いことです。

いつもは黙々と食べて味気ない食事の時間ですが、

誰かと食卓を囲んで一緒に食べると楽しく美味しいですね。

 

いつものように、ご飯を食べて、談笑して、

母のパソコン関連の問題を質問を受けて、

収拾がついたところで失礼するというパターンですが、

いつも居心地の良いひとときです。

家族が近くにいるのは幸せなことですね。

 

f:id:minimochism:20200725104350j:image

 

帯状疱疹の痛み

 

 

なんなんでしょう、この痛みは。

抗ウィルス薬が良く効いて発疹の皮膚症状は治まったものの、

痛みがまだまだ引きません。

 

帯状に痛みを伴う赤いブツブツとした発疹や水ぶくれなどがたくさん生じる、

と言われますが、私の場合は湿疹には全く痛みはなく、

発疹が出ている左肘から手首にかけてよりも、

左上腕から左肩後ろにかけてに激痛が走ります。

 

はじめの頃は本当に夜眠れないほどの痛みで呻き声をあげていましたが、

今は鈍痛とたまに電気が走るような痛みを感じる程度に治りつつあります。

抗ウィルス薬との飲み合わせで処方されている鎮痛剤が全く効き目がなく、

ひたすら我慢です。

 

帯状疱疹は3週間ほどで治ることが多いそうですが、

ウイルスによって神経が傷つくことで発疹がひいても

帯状疱疹後神経痛」として痛みだけが長期間残ることもあるそうです。

おかげさまでいち早く気がついて受診したため発疹症状は軽く済んだので、

この後神経痛はは免れることができるといいのですが・・。