Holidays in Canada 2018 ③

 

12月30日(日)

今朝の朝食はベッドの上でピクニック。
いつもお洒落すぎるこの演出はインスタ映え間違いなしです。
(残念ながらインスタグラムやってませんが)

遅めの朝食の後は、ナイアガラまで戻り、
私が勤めていたワイナリーでワインテイスティングを楽しみました。
ワイナリーには今はもう知っているスタッフが少なくなり、
ディテールが少しずつ変わっていますが、
ワインは変わらずやっぱりおいしい!
2人が気に入ったやや重めのワンランク上のスパークリングワインを
購入してワイナリーを後にしました。

その後、グローサリーで買い物をしてバーリントンに戻り、
先ほど購入したスパークリングワインを早速プレゼント。
本日の夕食は、この日のためにマルガリータが予約をしてくれていた
ウォーターフロントにあるレストランで少し豪華なディナーです。
予約の時間まで少し時間があったので、
マルガリータとレスターが10月に訪れたスペインの写真を見ながら
土産話をたっぷり聞かせてもらいました。
その後レストランへ向かい、落ち着いた高級感のある雰囲気の中、
大人のディナーを楽しみました。

 

f:id:minimochism:20190104042736j:image

 

12月31日(月)

晦日です。
朝食にスパニッシュオムレツ、
Netflixで映画を観た後すぐにマルガリータが夕食の準備に入ります。
レスターの故郷キューバでは、大晦日が一年で最も大切な日で、
豚の丸焼きを一日かけて家族の男衆が焼くのが習わしだそう。
晦日の夜はポークと豆入りの赤米、ユカが定番なので、
それに習っての夕食準備です。

他にもたくさんのフィンガーフードを作ってくれたマルガリータ
夕食はテーブルに乗り切らないほどのご馳走でした。

夕食後は、再びのんびりとカウチに寝そべって映画観賞。
ここまで何もしない怠惰な一日で一年を締めくくっては
バチが当たりそうなくらい全く何もしていない…。
お腹も一杯過ぎて新年を迎える前に寝てしまいそうでしたが、
新年を迎えるカウントダウンの番組が始まったら目が冴え、
スペイン伝統のブドウでカウントダウンし、
新年が明けたところでスパークリングワインで乾杯!
美味しいおつまみもいただいて新しい一年を迎えました。

 

f:id:minimochism:20190104042757j:image

 

1月1日(火)

出発の朝。
数時間前に新年を迎え就寝は2時を過ぎていたはずなのに、
マルガリータは6時前に起きて朝食の用意をしてくれていました。
シャワーをしてコーヒーを飲んで少しだけゆっくりしてから、
9時に家を出て空港に向かいました。

GOトレインでトロントのユニオン駅まで行き、
そこから空港までのUPトレインで空港まで。
数年前に新しく導入された空港シャトルトレイン利用です。
車より時間はかかりますがなかなか快適。
ニューイヤーの早朝に電車に乗る人もそういないので…。
マルガリータとレスターは空港まで見送ってくれ、
セキュリティチェックに入るまでずっと付き合ってくれました。

さて、2人と別れた後はあまり時間に余裕がなく、
コーヒーを買ったらすぐに搭乗時間です。
前日のオンラインチェックインで通路側を確保していましたが、
新年だからか空席も見られ幸運にも隣人なし!
13時間半のフライトも快適に過ごすことができました。

 

1月2日(水)

東京に到着は日が変わって1月2日。
カナダ時間では夜中の2時半です。
羽田空港で入国審査と荷物のピックアップ、
国内線への再チェックインをして、
午後7時伊丹行きのフライトを待ちます。
日本に着いてからもここからが長い…。

伊丹に降り立ったのが午後8時20分、
空港バスが8時50分発なので時間がありません。
預け荷物が出てくるまでに時間がかかり焦りましたが、
バス発車3分前に荷物を受け取り、
そこからバス乗り場へ走りギリギリ間に合いました!
カナダ時間で深夜から早朝にかけて一体をやっているのか、
自分で可笑しくなります。

結局家に着いたのは、カナダの友人の家を出て23時間後。
やはり遠いですね。
でも、それだけ時間をかけて訪ねた価値以上に有意義な
とても温かなホリデーを過ごすことができました。

今年は前へ向かって進んでいきたいな、と思います。
家族と友人達がみんな穏やかに健やかに、
楽しい事がたくさんある一年を過ごすことができますように。
Happy New Year 2019! 

 

Holidays in Canada 2018 ②

 

12月27日(木)

今日はアリナさんとランチです。
レストランヘ向かう前にナイアガラの滝や
ナイアガラ・オン・ザ・レイクをドライブしてくれました。
久しぶりに大好きな場所を見ることができて、
とても幸せな気分のままNOTLのアイリッシュパブへ。
カナダらしいパブがをまた懐かしく、
美味しいランチを楽しみました。

食後は、スーの家を突撃訪問。
先日のポール宅での集まりで会ったばかりですが
早めに帰宅したスーとはゆっくり話す時間がなかったので、
突然思い立って立ち寄ると、
入って入ってと大らかにリビングに通してもらい、
40分ほど楽しくおしゃべりできました。

その後は、ロブとヘザーの家でディナーです。
お互いの家族の近況報告をして、
ヘザーオリジナルのターキーアレンジディナーをいただき、
食後は庭に出てファイアーのそばに座りゆっくり静かな時間を過ごしました。
毛布に包まって炎を眺めながら、昔こうして皆でファイアーを囲んで
ディナーを共にした思い出話に花が咲きました。

アリナさん、スー、ロブ、ヘザーにこれからまた一歩前に向かうように
背中を押してもらったような、優しさと希望に胸が温まる1日でした。

 

f:id:minimochism:20190104042555j:image


12月28日(金)

シルヴィとは今日でお別れ。
いつもの美味しいカフェオレとトーストの朝食のあと、
バーリントンのマルガリータの家まで車で送ってくれました。

マルガリータ宅には予定より早く着いてしまったけれど、
マルガリータが喜んで迎えてくれ、
二人でしばし互いの近況報告を。
その後、マルガリータらしいおしゃれなランチを作ってくれました。
今日はこの後トロントでふみかとディナーの予定だったので、
スーツケースを置かせてもらいバックパックだけを持って
GOトレインでトロントに向かいます。

ユニオン駅から歩いてシェラトンホテルへ。
夕食の約束まで少し時間があったので近くを散歩してから、
予約してくれていたレストランへ向かいました。
そこへ登場したグラハムとお腹の大きなふみか。
出産目前にも関わらず出てきてくれてありがとう!
ボリュームたっぷりの前菜とピザを食べたあと、
日本からの出産祝いを渡すととっても喜んでくれました。
今日は私からのお祝いディナーと決めていたので、
ご馳走になったからお茶に行きましょうと、
私の宿泊先のホテル内レストランでコーヒーを。
元気なハリー君を見るのが楽しみです。

 

f:id:minimochism:20190104042621j:image


12月29日(土)

ホテルでゆっくりお風呂に浸かり、
コーヒーとベーグルの朝食を取ってからお昼前にチェックアウト。
マイナス2度の空気が冷たいトロントの街を歩いて
少しショッピングをしてからGOトレインでバーリントンへ戻ります。

ちょうど電車が出る時間に駅に着いたのですが、
バーリントン行きの電車のホームが分からず近くの係員に尋ねと、
「too late, たった今出たところで次は1時間後よ」と。
日本のように公共交通機関が便利ではないので仕方ない。
次の列車が出発するホームを教えてほしいと聞いてみると、
「まだ分からないわ」。
そうでした、直前になってホームが決まったら電光掲示板で
表示されることを思い出しました。
1時間あるので再びコーヒーとベーグルで電車を待って、
2:45発の電車でバーリントンへ向かいました。

さて、バーリントンのマルガリータ宅でレスターに再会。
昨日のお昼は仕事があった彼に会えなかったので、
ここで近況報告です。
軽くカンパリオレンジを飲みながらひとしきり話した後、
6:10上映の『Bohemian Rhapsody』(ボヘミアン・ラプソディ)を
観るために映画館へ出かけました。

Queenで青春時代を過ごしたアルとは
彼らの代表曲でありミュージックビデオの始まりとも言われる
Bohemian Rhapsody」のMVを何度も見ていたこともあり、
その曲がタイトルになったこの映画は見逃せないと
日本で映画が公開になる前からずっと思っていたのです。

世界的に大ヒット上映中なので、
マルガリータにもう観た?と何気なく聞いてみたら、
観たいと思いながらまだ観てないから一緒に行こう!
とこの日観ることになった次第です。

ところがチケットを買って場内に入ると満席!!
チケットは時間指定ですが座席指定ではないため、
定員以上でも購入できてしまうシステム。
でも払い戻し可能なので9:20からの上映に変更してもらい、
夕食を取ってから戻ってくることにしました。

再びマルガリータの家に戻ると
すぐに用意してくれていたお手製のムサカをオーブンで温めて
さっとサーブする手際の良さ。
とっても美味しいムサカを堪能し再び映画館へ向かいました。
レイトショーですが観客はいっぱい。
でも今度は無事に席に着くことができました。

素晴らしい映画でした。
最後のライブエイドのシーンだけでももう一度観たいくらい。
Queen ファンでなくても感動するエンターテイメントに仕上がった
上出来の映画に胸いっぱいでエンドロール。
立ち上がって退席しようとしていた観客が、
当時のQueenの映像が流れるエンドロールに目を離すことができずに
立ったままスクリーンを観ている光景にもまた胸が熱くなりました。

しかし、大きなポップコーンを片手に上映中に大笑いする観客や、
食べ散らかったポップコーンだらけの床、
ゴミだらけの座席は日本ではまずあり得ません。
とはいえ、Queenのことをより理解している文化中で
この映画を観ることができたのはとても良かったし、
何よりアルが一番喜んでいると思います。

 

 

Holidays in Canada 2018 ①

 

12月22日(土)

出発当日の朝に荷造りをして早めに伊丹空港へ。
空港で予定より一本早いフライトに変更して羽田空港まで。
乗り継ぎ時間が長くなりますが、
伊丹ー羽田ートロント間を全く同じフライトで帰国する
留学生がいたので鉢合わせの危険回避です。
国際線は変更することはできないので、
前日にオンラインチェックインして前方の通路側を確保。
最大限に対策をした結果、
トロント行きのフライト搭乗の間際と、
到着後荷物受け取りを待っている際に彼を見かけましたが、
向こうは私には気づかずで切り抜けました。

と、到着するまでにはつまらなくも重大な懸案があったけれど、
彼の姿が見えなくなってすっかり安心してマスクを外した途端、
様々な人種が行き交うトロントの光景を懐かしく思い、
故郷に帰って来たような気持ちになりました。

予約していたナイアガラエアバスの長い待ち合いもカナダらしく、
気長に迎えを待って夜の8時半には友人のシルヴィ宅に到着できました。


12月23日(日)

今晩はワイナリー仲間のポール宅でパーティーです。
日本から私が来るからと当時の仲間たちに声をかけて、
ポール、ルイ、スー、グレン、ローズの各夫妻と、
アリナさん、マイコちゃん、スベトラナ、アレックス、シルヴィ、私と
総勢16名+ポールのお隣さんが一堂に会しました。

美味しいワインとプレートに美しく並んだチーズをいただきながら、
入れ替わり立ち替わり懐かしい仲間と話をしている間に、
遅い時間の豪華な夕食がセットされ、
なんとも贅沢な幸せな大人の時間を過ごしました。

こんな素敵な会をセットしてくれたポール夫妻に心から感謝です。
仲間達も皆、久しぶりの再会と私たちの絆に感動を覚えたほど、
素晴らしい夜でした。
幸せな時間をありがとう!!

 

f:id:minimochism:20190104042306j:image

 

12月24日(月)

昨日あれだけ食べたのに、シルヴィとランチにマンドリンへ。
地元で有名なチャイニーズバッフェレストランです。
1人では色々と食べられないし私と一緒でないと元が取れないからと、
前々から予定してくれていたそうです。

この日の夜に再びポール宅で数名が集まることになり、
8時前に軽い夕食をとって9時頃にポール宅を訪ねました。
またまた美味しそうなチーズとワインがいっぱい。
夕食を食べて来たばかりですが、ついつい手が伸びてしまいます。

すると10時過ぎからターキー、ハムステーキ、プロギなど
ヘビーな本格ディナーが立食形式で用意され、
メインは別腹とばかりにこの日の何度目の食事か分からない
食事をいただきました。

連日こうして完璧にホストしてくれたポール夫妻が凄い…。
明日がファミリークリスマスディナーで忙しいはずなのに。
あんな風に歳を取れるといいな。憧れのご夫婦です。

 

f:id:minimochism:20190104042329j:image

 

12月25日(火)

お義母さん宅でクリスマスランチの日。
11時に家を訪ねると、ビーフシチューを作ってくれている最中でした。
重い鍋をオーブンに入れるのを手伝い、
出来上がりを待つ間に2人で近況を報告し合いました。

私は変わりありませんが、
お義母さんは2年前よりうんと歳を取ったように見えます。
体調もあまり良さそうには見えず、
家事をするのも負担になりつつあるようです。

シチューが出来上がってもあまり食欲もなかったようで、
たくさん作ったシチューは大きなタッパーに入れて
シルヴィ宅へと持たせてくれました。
また来てねと言って玄関まで見送ってくれ、
ハグでお別れした時は少し哀しい気持ちになりました。

さて、シルヴィとのクリスマスの夜。
冷凍ピザをアレンジした美味しいカジュアルディナーに
美味しいワインでのんびりと…のはずが、
トイレが詰まって水を流せなくなるアクシデントが!

カナダのプラミングシステムは日本より随分弱いので、
トイレ詰まりには慣れているシルヴィですが、
詰まったときに使ういつも道具がを古くなっていて、
試しても全く本来の仕事をせず。
よりによってクリスマスでお店は全てお休みです。
どうしても直すためにはこれしかないと、
アリナさんにわざわざ道具を持って来てもらうことに。
クリスマスディナーの日なのに、
数分後には道具を持って現れたアリナさん。
その姿がシュールすぎて大笑いでした。
メリークリスマス!

 

f:id:minimochism:20190104042405j:image

 

12月26日(水)

ボクシングデー。
年に一度の大セールの日なので、ショッピングモールには近づかず。
家でのんびりパズルをしたり昼寝をしたり、何もしない休息日。
夜に古いクリスマスコメディ映画を見て早めに就寝しました。

 

 

 

Happy Holidays!!

 

一足先に仕事を納め、これから2年ぶりの帰省です。
当日の朝に荷物を詰め込んで何とか出発に至りました。

気忙しすぎて休暇の気分になっていませんでしたが、
家を出た途端にすっかりオフモードです。

温かい友人たちに囲まれ、
穏やかに素敵なホリデーを過ごしたいと思います。

日本の家族と友人たちちとっても、
穏やかで幸せな年末年始となりますように。

 

f:id:minimochism:20181222171121j:image

 

f:id:minimochism:20181222171307j:image

 

 

 

クリスマス会

今日は実家でクリスマス会をしました。

私は前菜系とパンとドリンク、
妹はパエリア、母がメインと持ち寄りの分担を決め、
11時に集まってランチパーティーに。

私は相変わらずに、適当なマリネサラダ、
白ワインとパンを当日買って持っていきましたが、
妹は、おいしそうなパエリアに加え、
野菜のロースト、おからのキッシュまで!
母は、子供たちの好物のハンバーグに、
玉子焼きと筑前煮と和食も投入してくれました。

 

f:id:minimochism:20181216161239j:image

 

食卓並べるとクリスマスらしいご馳走です。
おのおのが好きなものを好きなだけ取って、
あっという間にお皿が空になっていきました。
ほんの少しずつ残った物は、
「そのキッシュもらって帰る」
「パエリアは夜頂くわ」
「パン持って帰ってちょうだい」と、
家族だから遠慮なく分け合い(奪い合い?)ました。

食事が終わり一息つくと、
あれ?まだこんな時間?
始まりも食べるのも早かったので、
まだまだ正午を回ったばかりです。
姪っ子が夕方からアルバイトのため、
早めに始めて早めに終わる予定でしたが、
しかし宴はあっという間でした。苦笑

そその後はコーヒーを飲みながら、
女子同士おしゃべりが止まりません。
たくさん笑って楽しい家族の時間でした。
たくさん作って来てくれて、
いろいろ食べれて嬉しいわ、ありがとう。
何気なく言う母の言葉がとても母らしく、
いえいえこちらこそいつもありがとう、
という気持ちです。

年末年始で仕事が納まりきる自信もなく、
時間のなさに気持ちが焦っていましたが、
今日のファミリーイベントのお陰で
とっても良い気分転換になりました。
あと5日、ラストスパートをかけてやり切れそうです!
ありがとう!
Happy Holidays!!

 

冬支度

 

12月になっても暖かい日が続いていましたが、
この週末はいよいよ冬らしい寒さです。

ようやく重い腰を上げて冬支度。
夏物のワンピースをクリーニングに出し、
扇風機を片付けてカーペットを敷きました。

ホリデー気分を演出する小物も置いてみました。

f:id:minimochism:20181209195742j:image


カナダにいた頃、日本から送られてきたプレゼントです。
タペストリーは母から、クマは姪っ子がアルと私に。
正確にはどのクリスマスだったか覚えていませんが、
何でも処分する私が、今も持っている数少ないもの。
思い出や気持ちが残るものは手放せませんね。

年に一度しか登場しない小物ですが、
久しぶりにまた思い出が蘇りました。